中国株(終了):CSI300指数、4日ぶり反発-胡主席発言を好感

中国株式市場で、CSI300指数は4日ぶ りに反発した。中国の胡錦濤国家主席が安定的で速いペースでの経済成長を維 持する必要があると表明したことが好感された。

招商銀行(600036 CH)や中信証券(Citic証券、600030 CH)が上げ を主導。北京五輪の開幕を1週間後に控え、胡主席の演説がテレビを通じ伝え られると、それまで下げていたCSI300指数は上昇に転じた。

ICBCクレディ・スイス・アセット・マネジメントで11億ドル相当の資 産運用を担当するチャン・リン氏(北京在勤)は「胡主席の発言が地合いを良 くし、五輪期間中に市場安定化策が取られるとの期待を強めた」と述べた。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は、前日比35.58ポイント(1.3%)高の2840.79で終了。前日まで の3日間で5.3%下落していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE