財務省:6月の税収は前年比16.3%減-法人税収が大幅な落ち込み

財務省が1日発表した2008年度一般会計の 6月の税収実績(同月末現在)は、前年同月比16.3%減の1兆7409億円とな った。企業収益の悪化に伴い、法人税収が同31%減と大幅に落ち込んだ。6月 末までの税収累計は2兆4351億円で進ちょく率は4.5%。

法人税収は2242億円で、4月期決算法人の確定申告が減少したほか、収 益が中間申告時の想定を下回った2、3月期決算法人への還付金の増加によっ てマイナス幅が拡大した。年初以来の円高の進行や原油、原材料高騰の影響で 企業収益が改善する兆しはなく、法人税の減収が続く可能性は高い。

また、消費税収は輸出の増加に伴う還付金が税収を上回ったことから1967 億円の赤字となった。このほか、所得税が前年同月比13.9%減となったほか、 酒税は同5.9%減、たばこ税も同2.4%減と、いずれも減少した。