インド株(終了):センセックス指数、4週連続高-業績期待で買い

今週のインド株式市場ではセンセックス30 種指数が上昇。週間ベースでは4週連続高となった。企業が景気減速を乗り越 え、利益の伸びを維持できるとの期待から、タタ・スチールとインドステイト 銀行が買われた。

ビルラ・サンライフ・アセット・マネジメント(ムンバイ)の運用担当者、 マヘシュ・パティル氏は「4-6月期決算はまずまずだった」と述べ、「投資 家は実際よりもかなり悪い内容を見込んでいた」と語った。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比300.94ポイント (2.1%)高の14656.69で終了。前週末比では2.7%上昇した。

インド最大の製鉄会社、タタ・スチール(TATA IN)は3.8%上げ679.85 ルピーと、先月14日以来の高値となった。国内最大の銀行、インドステイト銀 (SBIN IN)は6.2%高の1504.55ルピー。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE