富士重:第1四半期の純損益が14億円の黒字に転換-海外販売好調で

トヨタ自動車と資本・業務提携関係にある富 士重工業が1日発表した第1四半期(2008年4-6月期)連結決算は、純損益 が前年同期の3億円の赤字から14億円の黒字に転換した。海外販売が好調に推 移したことで収益を押し上げた。これを受けて中間期の営業および経常利益予想 を上方修正した。

通期(09年3月期)の業績予想は据え置いた。純利益は前期比46%減の 100億円、売上高が同1.8%増の1兆6000億円、営業利益が同50%減の230億 円、経常利益は同56%減の200億円をそれぞれ見込んでいる。

富士重の株価1日の終値は前日比4円(0.7%)安の578円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE