中国製造業購買担当者指数:7月は50割れ-2005年の集計開始後で初

中国物流購買連合会が1日発表した7月の中 国製造業購買担当者指数(PMI、季調値)は48.4と、6月の52から低下し、 2005年に集計が始まって以来初めて、景気の拡大・縮小の分かれ目となる50を 下回った。

中国の4-6月期の成長率は、対米輸出の減少が響き、3四半期連続で低 下した。同国政府は1日、繊維や衣料の輸出品を対象にした戻し減税を増額。 当局者の間では、輸出業者を支援するため人民元の上昇ペースを抑制すべきだ との声も上がっている。

中国最大の投資銀行、中国国際金融(CICC)のエコノミスト、シン・ ツーチアン氏は「予想を上回る減速だ」と指摘。「中国政府は、より積極的な財 政政策を使ったり、人民元の上昇ペースを抑えたり、小規模企業への融資を促 進したりする可能性がある」と指摘。利上げの可能性は低いとの見方を示した。

7月のPMIは、項目別11指数のうち、生産や新規受注、輸出受注など6 つの指数が過去最低を記録した。