米国株:総じて軟調、銀行株は3営業日続落-リーマンに売り

米株式市場では総じて軟調。月間ベ ースでは6年間で最も大幅な下げとなった。住宅ローン関連損失の拡大 でさらに多くの銀行が減配や割安価格での株式売却を強いられるとの懸 念が背景。

銀行大手のワコビアは1992年以来の安値を付けた。アナリストが減 配の可能性を指摘したことが嫌気された。また、JPモルガン・チェー スが一部住宅ローン担保証券価格の一段安の可能性を指摘したことを受 けて、証券大手のメリルリンチや銀行大手のシティグループが下げた。 証券大手のリーマン・ブラザーズ・ホールディングスも売りに押された。 同社は時価総額以下で売却される可能性があるとの観測がトレーダーの 間で広がったことが売りのきっかけとなった。

天然ガス生産会社デボン・エナジーはアナリストによる08年と09 年の利益見通し上方修正が好感され上昇、石油生産業者の上げを主導し た。これがS&P500種株価指数とダウ工業株30種平均の上昇につなが った。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前週末比1.62ポイント(0.1%)上げて1280。月間ベースでは

8.6%下落した。ダウ工業株30種平均は同3.5ドル高の11350.01ドルと なった。ナスダック総合株価指数は22.65ポイント(1%)低下して

2292.98で終了した。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の騰落比率 は2対3。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE