米国債:四半期ベースで2004年以来の大幅安、インフレ懸念で売り

米国債相場は四半期ベースで2004年以 来の大幅安となった。30日は株式相場の堅調に加え、ユーロ圏のインフレ率が 16年ぶりの高水準を記録したことや、原油相場が1バレル=143ドルを突破 したことが売り材料となった。

メリルリンチ算出の米国債マスター指数によると、米国債は4-6月期に

2.2%下落した。物価上昇圧力を抑制するため、米連邦公開市場委員会(FO MC)が利上げを実施するとの思惑が背景にある。30日発表の6月のユーロ圏 消費者物価指数は前年同月比4%上昇し、欧州中央銀行(ECB)による利上 げ観測が強まった。

MFグローバルの仕組み商品・新興市場共同責任者、アンドルー・ブレナ ー氏は「4-6月期は間違いなく非常に荒い値動きとなった。今後もインフレ が問題になるだろう」と述べた。

BGキャンター・マーケット・データによると、ニューヨーク時間午後2 時23分現在、10年債利回りは前週末比ほぼ変わらずの3.96%。一時は

4.01%まで上昇する場面もあった。この日の最低水準は3.94%。10年債価 格(償還期限2018年5月、表面利率3.875%)はほぼ横ばいの99 9/32。 2年債利回りはほぼ変わらずの2.62%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE