世界の景気拡大などが米株価押し上げ-ブラックロックのドール氏

米投資会社ブラックロックの世界株 式投資責任者、ロバート・ドール氏は年央市場最新報告を発表し、世界 のまずまずの景気拡大やインフレ鈍化、米国内の金融緩和政策を受けて、 米株価が今年下期に上昇するとの予想を示した。

同氏は同報告書で、「より長期的な株価見通しは、障害はあるもの の全般的に良好だ」と指摘。「特に信用収縮と住宅市場のバブル崩壊は ともにデフレ要因で、米経済は引き続き潜在成長力を下回っていること から、米国内のインフレ圧力は今後数カ月間で弱まると予想している」 と述べた。

同氏は企業利益の伸びと信用市場の回復でリセッションが回避され るなか、米国内総生産(GDP)は「当面」、0-2%の伸びにとどま るとの予想を示した。さらに、米連邦公開市場委員会(FOMC)によ る昨年9月以来7回にわたる利下げが融資条件の緩和につながっており、 信用危機の最悪期は過ぎたとの見方を示した。

同氏はその上で、米経済に対する逆風を考慮し、「予見できる将 来」、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標が2%で据え置かれ るとの予想を示した。先週開かれたFOMC定例会合では、政策金利が 据え置かれるとともに、インフレリスクの増大が指摘された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE