ポールソン米財務長官:ロシアは対イラン経済制裁強化を(2)

ロシア訪問中のポールソン米財務長官は 30日、ラジオ局モスクワのこだまに出演し、対イラン経済制裁の強化を訴えた。

同長官は「イランはならず者であり、自らの行動で孤立している」と指摘。 対イラン経済制裁が「必要である」と述べた。さらに、イランが銀行を通じて 武器を購入したり、テロリストを支援することを阻止すべきであるとの考えも 明らかにした。

ポールソン長官は欧州連合(EU)が23日にイランの核開発に反対し、 制裁強化に踏み切ったことに歓迎の意を表明した。EUはイラン国営銀行バン ク・メリ・イランのEU域内の事務所を閉鎖し、イラン高官への旅行ビザ発給 停止を拡大した。ポールソン長官はバンク・メリ・イランがロシアで業務を展 開していると指摘した。

ポールソン長官はメドベージェフ大統領とプーチン首相との会談を前に、 29日にクドリン財務相と会談した。

ロシアはイランの原油と天然ガスを対象にしていない国連安全保障理事会 の3つの制裁を支持している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE