OPECは増産実施の可能性、原油相場は150ドルへ-UAE経済相

アラブ首長国連邦(UAE)のマンスー リー経済相は30日、ミラノでの会議で記者団に対し、石油輸出国機構(OP EC)は「柔軟に」対応してきたと述べ、増産に踏み切る可能性があるとの見 解を示した。

同経済相は「原油相場は1バレル=150ドルに達すると思う」と語った。

イランの核問題を背景に同国からの原油輸出が滞るとの観測から、30日の 原油相場は1バレル=143ドルを突破し、最高値を更新した。ニューヨーク商 業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物8月限は通常取引前の時間 外取引で一時、前週末比3.46ドル(2.5%)高の同143.67ドルまで上昇し た。

UAEのハミリ・エネルギー相は25日、必要に応じて原油増産の用意が あるとの見解を明らかにしていた。UAEはOPEC3位の産油国。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE