インド株(終了):下落-センセックス指数の1-6月期は過去最悪

インド株式相場は下落。指標のセンセックス 30種指数の1-6月期のパフォーマンスは上半期としては過去最悪となった。エ ネルギーコストの大幅上昇と利上げで企業利益が圧迫されるとの懸念が広がった。

インド2位の銀行、ICICI銀行(ICICIBC IN)は3.4%安の630.20 ルピーと、ほぼ2年ぶりの安値前後まで下落した。資産家アニル・アンバニ氏が率 いる国内電力大手のリライアンス・インフラストラクチャー(RELI IN)は12% 安の783.55ルピーと、昨年9月以来の安値を付けた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前週末比340.62ポイント (2.5%)安の13461.60と、2007年4月13日以来の安値を付けた。今年に入 ってからは34%下げ、6カ月ベースでは同指数が導入された1979年以来で最大 の下げとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE