東京建物:中間期、通期の業績予想を下方修正-販売不振や評価損

東京建物は30日、2008年12月期の中間期と 通期の連結業績予想を下方修正した。中間期の純利益は従来予想の115億円を下回 り、70億円となる見通し。通期の純利益予想も140億円と従来予想の220億円か ら引き下げた。

同社は業績予想の下方修正の理由として、マンションの販売不振や利益率の低 下などを挙げている。また、一部のマンションプロジェクトで評価損約50億円を 見込むことも純利益予想の修正につながったとしている。

東京建物の株価終値は前営業日比4円(0.6%)高の687円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE