バークレイズとシティ、ドイツ銀:欧州事業で信用危機の影響大-WSJ

米紙ウォールストリート・ジャーナル(W SJ、オンライン版)は30日、英銀バークレイズ傘下のバークレイズ・キャピ タルと米シティグループ、ドイツ銀行は、信用危機による欧州事業への1-6月 (上期)の打撃が業界の中で相対的に大きかったと報じた。調査会社ディーロジ ックのデータを基に伝えた。

同紙によると、3社は投資銀行事業の手数料収入の減少が同業他社に比べて 大きく、市場シェアが低下した。同紙は欧州の投資銀行手数料収入は上期に約 116億ドル(約1兆2220億円)となったとの概算を伝えている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE