アジア株は7-12月期に一段安へ、世界的な景気減速で-米シティ

米シティグループは30日発表したリポート で、アジア株はさらに下落するとの見通しを明らかにした。世界的な景気減速 が企業収益の伸びに打撃を与え、2008年7-12月(下期)にMSCIアジア 太平洋(日本除く)指数を押し下げるとみている。

同指数は香港時間午後零時19分(日本時間同1時19分)現在、前週末比

0.2%安の485.03。年初来では22%値下がりしている。

マーカス・ロスジェン氏などシティのアナリストらは同リポートで、「アジ ア市場がどのように好調期から下降期に移っているかを考えると、同指数が420 に下落する可能性はかなり高いとみられる」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE