米政府:温暖化ガスの健康への影響などに関する文書、公表阻止-米紙

米紙ウォールストリート・ジャーナル(W SJ)が29日報じたところによると、米政府は、米環境保護局(EPA)が まとめた地球温暖化の健康への影響や、温暖化を規制するコストに関する文書 の一部の公表を阻止しようとしている。

同紙によると、米行政管理予算局(OMB)はEPAに対し、温暖化ガス 排出による国民への影響や、大気浄化法(CAA)に基づく規制のコストに関 する部分を削除するよう要請している。同紙はこの問題に詳しい複数の関係者 の話として伝えた。

同紙によると、OMBはこの文書において、CAAには欠陥があるため新 たな法案が必要であることが示されるよう望んでいる。この文書は、米国の気 候変動政策を主導する法的指針となる可能性があるという。

同紙は、この文書は、2007年の米連邦最高裁判所による温暖化ガス規制 に関する判決に対応するもので、公表には米政府の承認が必要になるとしてい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE