Eコンテ株がストップ高気配、マイクロソフトとのサイト契約を好感

大証ヘラクレス上場で、Eコマース(電 子商取引)向けにクレジットカードなどの決済処理サービスを提供するイーコ ンテクストの株価が、ストップ高(値幅制限いっぱいの上昇)水準となる前営 業日比5000円(9.4%)高の5万8000円で買い気配。27日に、マイクロソフ ト(本社:渋谷区)とオンライン販売サイトの構築と運営を一括して受託する 契約を締結したと発表、業容拡大につながることを期待した買いが優勢となっ ている。午後1時12分現在の注文状況は、差し引き700株の買い超過。

独立系投資顧問会社マーケット・アンド・テクノロジーズの内山俊隆代表 取締役は、「マイクロソフトとの好材料を素直に好感した買い。サイト構築を 手掛ける企業は多いが、カードの決済処理事業と一体化した取り扱いができる のはこの会社の強み」との認識を示した。

27日発表の資料によると、マイクロソフト製品を取り扱うオンライン販 売のサイト開設は秋を予定。Eコンテ経営企画本部の宮地正恵広報担当は30 日、ブルームバーグ・ニュースの電話取材で、「これまでEコマース向けの決 済処理サービスを主な業務としていたが、今回新たに販売サイトの構築と運営 という事業に乗り出す。マイクロソフトのサイト開設は、早ければ9月末には 実現する見通しだが、内容の詳細については現時点では明らかにできない」と 述べた。

同社は2005年9月、マイクロソフトとXbox Liveのゲーム関連決 済分野で業務提携している。マイクロソフト社の製品はすでに、ソフトを中心 にハードまでパソコン専門店や家電量販店の店頭やサイトなどで取り扱われて いるが、今後マイクロソフト自身も直接サイトで販売を開始することになる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE