韓国ポスコ:豪マッカーサー・コール株10%取得へ-約4.24億豪ドル

アジア3位の製鉄会社、韓国のポスコは30 日、オーストラリアの石炭会社マッカーサー・コールの株式10%を約4億2400 万豪ドル(約433億円)で取得することで合意した。鉄鋼最大手、欧州のアルセ ロール・ミタルも先にマッカーサーの株式を買い増している。

ポスコの広報担当、コ・ミンジン氏によれば、同社の提示額は1株当たり 20豪ドルで、7月の取締役会での承認待ちとなる。アルセロール・ミタルも29 日、マッカーサー株を1株20豪ドルで購入し、保有比率を19.9%に引き上げた と発表した。

米証券メリルリンチは6日、鉄鉱石とコークス用炭が最高値を更新するなか、 アルセロール・ミタルと新日本製鉄、ポスコが引き続き資源会社の買収を模索す るとの見解を示していた。中信資源(CITICリソーシズ)もマッカーサー株

17.66%を保有している。マッカーサーは高炉微粉炭輸出で世界最大手。

ウォレス・ファンズ・マネジメントで1億4000万米ドル相当の運用に携わ るマイケル・バーチ氏(シドニー在勤)は、これらの出資会社の「目的について は依然不透明だ」と指摘した。

ポスコとアルセロール・ミタルはいずれもマッカーサーのケン・タルボット 前最高経営責任者(CEO)から株式を購入した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE