アジア株:上昇-原材料の値上がりで、エネルギーと資源株が高い

30日のアジア株式相場は上昇。1-6月 (上期)のパフォーマンスが過去16年で最悪となったMSCIアジア太平洋 指数の下げ幅をやや縮小している。原材料価格の値上がりを背景に、エネルギ ーと資源株が高い。

世界最大の鉱山会社、オーストラリアのBHPビリトンと三菱商事が上げ をけん引。原油相場が過去最高値を更新し、ロンドン市場で金属価格が上昇し たことが手掛かり。ドル安が収益の伸びを抑える一方で、過去最高値を更新し た原油相場が需要を後退させるとの懸念から、ソニーと韓国のサムスン電子は 下落し、MSCIアジア太平洋指数を圧迫している。

MU投資顧問の森川央シニアストラテジストは、金属・原油相場の過去の パフォーマンスに加え、現在の水準も依然として高水準であることから、投資 家は引き続き商品関連株に投資するとの見方を示すとともに、米経済見通しを めぐる不透明感が再び浮上していると指摘した。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時45分現在、前週末比

0.3%高の137.35。1-6月(上期)は13%安と、騰落率は日本の資産バブ ルが崩壊した1992年の1-6月期(23%安)以来で最悪。日経平均株価の午 前の終値は前日比45円4銭(0.3%)高の1万3589円40銭。

-- Editor: Malcolm Scott, Nicolas Johnson

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Chen Shiyin in Singapore at +65-6212-1170 or schen37@bloomberg.net Masaki Kondo in Tokyo at +81-3-3201-8868 or mkondo3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Nicolas Johnson at +81-3-3201-8343 or nicojohnson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE