米ベアーSが勝訴-ヘッジファンド破たんに絡む投資家の賠償請求訴訟

米銀JPモルガン・チェース傘下の証券会 社、ベアー・スターンズがプライマリーブローカーとして、ヘッジファンドの マンハッタン・インベストメント・ファンドの破たんに関与していたとして、 投資家から1億4100万ドル(約150億円)の損害賠償を求められていた訴訟で、 マンハッタンの米連邦地裁の陪審は27日、ベアー・スターンズ勝訴の評決を下 した。

同連邦地裁の陪審8人は同日の評決で、ベアー・スターンズはマンハッタ ン・インベストメントの不正を見抜けなかった責任を負う必要はないとの判断 を示した。

マンハッタン・インベストメントは2000年に経営破たん。ファンドマネジ ャーのマイケル・バーガー氏は株式取引で損失を被ったことについて、偽証し た罪を認めていた。一方、ベアー・スターンズは、ヘッジファンド向けに融資 や決済などのサービスを提供するプライムブローカーとしてマンハッタン・イ ンベストメントとかかわっており、投資家らからファンドの不正調査を怠った として、訴えられていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE