サマーズ元米財務長官:米国は金融危機で最も危険な時期-FTに寄稿

英紙フィナンシャル・タイムズ(オンラ イン版)が30日伝えたところによると、サマーズ元米財務長官は同紙に寄稿 し、米国が昨年8月に始まった金融危機で、現在最も危険な時期にある可能性 は十分あるとの見解を示した。

サマーズ氏は寄稿文で、原油など商品相場の急騰で米国の消費者信頼感は 過去最低を更新し、深刻なインフレ懸念を招いているとした上で、それにより 株価でみて危機発生以来で最低の水準にある金融セクターに金融政策が対応す る能力は限定されていると説明した。ただ、より望ましい結果への見通しを高 める措置として、住宅関連法案の早期成立などを提言した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE