ゼファー株が反落、通期純損失予想が108億円に拡大-株売却損

不動産分譲、流動化事業を手掛けるゼファー の株式が反落した。27日に今期(2009年3月期)の通期業績予想を下方修正し、 純損失予想を108億円と従来予想の純損失68億円から拡大すると発表したことを 受け、売りが先行している。筆頭株主であるSBIHDの全株式売却で特別損失が 発生するためとしている。

売り気配で始まったが、午前9時9分、前週末比600円(2.7%)安の2万1410 円で取引開始となり、その後、2万1000円台半ばでもみ合いとなっている。

SBIHDの株式売却価格が取得価格を下回ることで、ゼファーは今期に特別 損失39億7000万円を計上する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE