UBS株:一時1998年以来の安値、アナリストは評価損と赤字予想

30日のスイス市場で、同国の銀行最大手 UBSの株価が一時、1998年10月以来の水準に下落した。アナリストは同行の 2008年4-6月(第2四半期)決算が一段の評価損により赤字となると予想し ている。

UBS株はチューリヒ時間午後2時30分(日本時間同9時30)分までに

0.70スイス・フラン(3.1%)安の21.70スイス・フランとなった。

バンク・ボントベルのアナリスト、シュテファン・ジマーマン氏は30日付 の顧客向けリポートで、「UBS株への下押し圧力は続く公算が大きい」と指摘 した。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト6人の予想中央値によれば、 UBSは第2四半期に約50億スイス・フラン(約5200億円)の評価損を計上す ると見込まれている。1-3月(第1四半期)の評価損は190億ドル(約2兆 100億円)だった。UBSは昨年10月と今年4月の最初の営業日にそれぞれ前 四半期の評価損について公表している。

UBSの広報担当者はコメントを控えた。同行は8月12日に第2四半期決 算を発表する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE