【個別銘柄】高島屋、新日石、ゼファ、クリード、日風力開発、イズミ

30日午前の日本株市場における主な材料 銘柄の動きは以下の通り。

高島屋(8233):前週末比4.1%安の936円まで下げ、52週安値を更新。 主力の百貨店事業で高額品や衣料品販売が低迷し、2008年3-5月(第1四 半期)の連結純利益は前年同期比1.4%減の45億円だった。販売基調が弱く、 今期(09年2月期)の連結売上高予想も下方修正した。

新日本石油(5001):5.7%高の702円まで上昇。九州石油を8月下旬に 完全子会社化し、10月1日付で統合する。原油価格の高騰で内需が減少する なか、経営統合によって構造改革を進め、堅調なアジア地域の需要にこたえる 体制づくりを本格化させる。

ゼファー(8882):6.8%安の2万510円まで下落。2009年3月期の連結 純損失予想を108億円と、従来の68億円から下方修正した。保有するSBI ホールディングスの全株式売却に伴い、特別損失が発生するため。

クリード(8888):一時11%安の8万4500円とストップ安(値幅制限い っぱいの下落)。世界的な金融市場の混乱で海外公募商品の組成を断念したこ となどから、2008年5月期の連結営業利益は従来予想比29%減の88億円にな ったようだと発表した。配当予想も500円引き下げ、2000円にした。

日本風力開発(2766):ストップ安水準にあたる12%安の37万4000円 売り気配。公募と第三者割り当てで1万7000株の新株を発行するほか、オー バーアロットメントを含み3000株を売り出し、約68億円の資金を調達すると 発表。1株当たり価値の希薄化につながると受け止められた。調達資金は子会 社の設備投資、投融資資金に充当するという。

イズミ(8273):4.9%高の1677円まで上昇。3-5月期(第1四半期) の連結営業利益は前年同期比4.6%増の62億円。既存店売上高は同0.5%減と なったが、販売管理費の抑制で営業利益率は前年同期並みを確保した。前期出 店の2店もフルに寄与した。

しまむら(8227):一時1.2%安の6420円まで下げる場面があった。ガソ リン高や食料品の値上げなどで消費者の生活防衛意識が高まり、衣料品に対す る支出が減少。足元の業績が会社計画を下回ったため、ひとまず売りが先行し た。ただ中間期や通期の業績予想を据え置いたことから、売り一巡後は上昇に 転換している。

TOKAI(8134):4.2%高の500円まで上昇。コモディティスワップ 取引の利益や有価証券売却益の発生で、2009年3月期の連結純利益は前期比

4.2倍の22億円と、従来計画から21%上ぶれる見通しと発表した。

セプテーニ・ホールディングス(4293):6%高の14万2000円まで上昇。 同社は傘下企業を通じてインターネット広告代理事業などを展開。ヤフー (4689)を割当先とした7000株の第三者割当増資を行う。調達資金の9億 7300万円は、M&A資金やネット広告における人材育成、新商品開発に絡む システム投資などに充当する予定。ヤフーは一時1.9%安の4万500円と続落。

新神戸電機(6934):4.3%高の988円まで上昇。野村証券は30日、投資 判断を新規「2(買い)」と設定した。

スター精密(7718):4.7%安の1600円まで下落。KBC証券は27日、 投資判断を「ポジティブ」から「中立」に引き下げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE