アルセロール・ミタルのCEO、リオ買収合戦に参戦を検討-FT紙

鉄鋼最大手、欧州のアルセロール・ミタル のラクシュミ・ミタル最高経営責任者(CEO)は、英・オーストラリア系の鉄 鉱石大手リオ・ティントの買収合戦に参戦することを検討中だ。英紙フィナンシ ャル・タイムズ(FT、オンライン版)が29日、状況に詳しい複数の人物から の情報を基に伝えた。

ミタルCEOはアルセロール・ミタルの大口株主でもあり、より大規模な鉄 鉱石の安定供給源の確保に努めている。リオは世界最大規模の鉄鉱石会社で、オ ーストラリア鉱山会社BHPビリトンから買収提案を受けている。同買収提示額 は、現在の株価を基にすると約1600億ドル(約17兆円)。

米ゴールドマン・サックスが、ミタルCEOがゴールドマンの取締役会に名 を連ねることになったと発表するなか、今回の検討観測は浮上した。ゴールドマ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE