東京外為(予想):円もみ合いか、米株安でリスク回避-国内景気懸念

東京外国為替市場では円がもみ合う展開が 予想される。ドル・円相場は早朝の取引で1ドル=106円台前半で推移。米国の サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題を背景とした金融機関 の評価損拡大懸念が再燃していることから、投資家の間で損失リスクを敬遠す る姿勢が強まる可能性があり、高金利通貨などに向いていた資金を円に戻す動 きが先行しそうだ。

一方で、あすには日本銀行が企業短期経済観測調査(短観)を発表するが、 大企業・製造業の業況判断指数(DI)は3期連続の悪化が見込まれるなど、 国内景気に強気の見方も醸成されにくく、円の上昇は限定される可能性がある。

米金融不安が再燃

リーマン・ブラザーズ・ホールディングスは27日、米証券大手メリルリン チの2008年4-6月(第2四半期)決算予想を1株当たり2.78ドルの赤字と、 従来予想の同64セントの赤字から下方修正した。

また、米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスも同日に、 米証券大手モルガン・スタンレーの長期信用格付けを格下げ方向で見直すこと を明らかにしている。

米金融機関の業績不安が再燃するなか、前週末の米国株式相場は続落。株 価の予想変動率の指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラテ ィリティ指数(VIX指数)も約2週間ぶりの水準で高止まりしている。

損失リスクを伴う投資先の代表格とされる株式への警戒感が強いと、外為 市場ではリスクを回避する傾向がみられ、低金利の円から高金利通貨などに向 いていた資金の還流に伴う円の買い戻しに圧力がかかりやすい。

ドル・円相場は前週末の海外市場で一時105円87銭(ブルームバーグ・デ ータ参照、以下同じ)と、9日以来の円高値を付けている。また、ユーロ・円 相場も1ユーロ=167円04銭と、23日以来の水準までユーロ安・円高が進んで いた。

短観は悪化か

一方で、あすは日銀が6月調査の短観を発表する。ブルームバーグ・ニュ ースが民間調査機関20社を対象にまとめた予想調査(中央値)によると、景気 が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を引いた業況判断D Iは、大企業・製造業がプラス3、大企業・非製造業がプラス8と、いずれも 今年3月の前回調査の実績(プラス11、プラス12)から悪化が見込まれている。

今週は7月3日に欧州中央銀行(ECB)の政策決定会合を控えて、利上 げが期待されるなか、日本の景気弱含みが確認されれば、ユーロ買い・円売り が進みやすい展開も予想される。

ユーロ・円相場は週明け早朝の東京市場で167円台後半と、前週末のニュ ーヨーク時間午後遅くに付けた167円58銭からユーロ高・円安に振れて推移し ている。

関連記事: 日銀短観{NXTW NSN K2R5I60UQVIQ}

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE