今週の米経済:非農業部門の雇用者数は6カ月連続の減少か-BN調査

今週発表の米経済指標では、6月の非農業部 門の雇用者数が6カ月連続で減少し、製造業景況指数は一段と低下したもようだ。 米景気拡大が依然として不安定なことが示される見込み。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想(中央値)によると、 労働省が7月3日に発表する6月の非農業部門の雇用者数は前月比6万人減と予 想されている。5月の非農業部門の雇用者数は前月比4万9000人減だった。ま た、6月の製造業の雇用者数は前月比3万人減が見込まれる。5月は2万6000 人減だった。

一方、6月の失業率は5.4%と、前月の5.5%から低下する見込みだ。5月 は前月比0.5ポイント上昇と、1986年2月以来の大幅な上げとなった。

失業の増加やガソリン高騰、住宅価格の下落が消費者信頼感を押し下げてお り、戻し減税(税還付)の効果が薄らげば、個人消費は縮小するとの懸念が強ま っている。燃料コストが急増するなか企業も設備投資を減らしており、製造業は 規模縮小を迫られている。

マリア・フィオリニ・ラミレツのプレジデント、ラミレツ氏は、ブルームバ ーグテレビジョンとのインタビューで、「向こう6カ月間は雇用の伸びは見られ ないだろう」と予想。「米経済は停滞している」と説明した。

一方、7月1日に発表される米供給管理協会(ISM)の6月の製造業景況 指数は48.6と、前月の49.6から低下する見込みだ。同指数の50は景況感の拡 大と縮小の境目を示す。

3日発表のISMの6月の非製造業景況指数は51と、前月の51.7からの低 下が予想される。1日に商務省が発表する5月の建設支出は0.5%減の見込み。 4月は0.4%減だった。

ブルームバーグ調査

**********************************************************************
経済指標            日付     期間    前回実績  予想
**********************************************************************
シカゴ購買部協会指数          6/30      6月     49.1       48.0
ISM製造業景況指数          7/1       6月     49.6       48.6
建設支出(前月比)             7/1       5月    -0.4%      -0.5%
製造業受注              7/2       5月     1.1%       0.4%
非農業部門の雇用者増減(万人)   7/3       6月    -4.9       -6.0
失業率                  7/3       6月     5.5%    5.4%
製造業の雇用者増減(万人)     7/3       6月    -2.6       -3.0
平均時給(前月比)             7/3       6月     0.3%       0.3%
平均時給(前年比)             7/3       6月     3.5%       3.4%
新規失業保険申請件数(万件)     7/3       6/29     38.4       38.5
失業保険継続受注者数(万人)     7/3       6/22     313.9      312.3
ISM非製造業景況指数         7/3       6月     51.7       51.0
**********************************************************************
・「%」は増減率
・「-」はマイナス
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE