米住宅保有者の300万人がデフォルトに向かっている-NYT紙

米国では住宅保有者支援に向けた法案 整備の遅れから、約300万が住宅ローンのデフォルト(債務不履行)に向か っている。米調査会社ムーディーズ・エコノミー・ドット・コムのチーフエコ ノミスト、マーク・ザンディ氏の話として、米紙ニューヨーク・タイムズ(オ ンライン版)が29日、伝えた。

同紙は、米議会が7月4日の独立記念日の休会後まで、関連法案のとり まとめ作業を完了する見通しは立っていないと報じた。現在作業中の法案は、 一部の住宅保有者がより安定的な30年物固定型住宅ローンに借り換えること を政府が支援する内容だという。

議会予算局(CBO)によると、同法案が成立すれば約40万人の救済 が見込まれると、同紙は伝えている。ブッシュ米大統領は、一部の修正条項を 除き、法案署名に前向きな姿勢を示しているという。

同紙によると、現在、住宅を保有する約900万人が持ち家の価値を上回 る住宅ローンを抱えており、ローン返済額の上昇や失業に見舞われた場合、厳 しい選択に直面する事態が想定される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE