欧州株(27日):下落、業績不安で自動車・小売り安い-金融も続落

欧州株式相場は下落。記録的水準の石油価格 と借り入れコスト上昇が企業利益を圧迫するとの懸念が広がった。指標のダウ欧州 株価指数はこのままいけば1-6月期としては少なくとも1987年で最大の下げと なる。

自動車メーカーの独ダイムラーと仏ルノーが安い。原油相場がバレル当たり 142ドルを突破したことを嫌気した。売上高見通しを引き下げた仏小売り大手のカ ルフールが下落。スウェーデンの無線通信機器メーカー、エリクソンも下げた。ソ ニーとの携帯電話合弁事業が業績見通しを今年に入ってから再度引き下げたことが 売りにつながった。大手銀の英バークレイズと独ドイツ銀行も下げた。アナリスト らは両行が増資が必要との見方を示した。

クレディ・スイス・アセット・マネジメントのボブ・パーカー副会長は、ブル ームバーグテレビジョンとのインタビューで、「原油価格が高値水準に高止まりす ればするほど、インフレの影響がさらに高まっていくのは明らかだ」と述べ、「銀 行による増資は、金融サービスセクターが依然として圧力下にあるということだ」 と指摘した。

ダウ欧州株価指数は前日比0.4%安の287.34で終了した。騰落比率は4対 7だった。週間ベースでは2.6%下げ、4週連続安となった。年初来の下落率は 21%。ダウ欧州50種株価指数は前日比0.4%安、ダウ・ユーロ50種株価指数は

0.8%下げた。

ダイムラーは2.9%安。ルノーは2.7%下げた。原油相場は一時、前日比

2.62ドル(1.9%)高のバレル当たり142.26ドルまで上昇した。前日は5ドル 超上げた。

カルフールは7.8%下落。同社は今年の営業利益の伸びは売上高と同じペース になるとの見通しを示した。6週間前には増益率は売上高の伸びを上回ると見込ん でいた。

バークレイズは1.9%安となった。ドイツ銀は2.9%下げた。シティグループ は27日付の顧客あてリポートで、バークレイズは90億ポンドの追加増資が必要 となる可能性があるとの見方を示した。またドイツ銀に関しては、「増資への圧 力」に直面する恐れがあると述べた。

エリクソンは7.6%下げた。ソニー・エリクソンが4-6月期損益について税 引き前で収支とんとんの見込みだと発表したことが響いた。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比11.7ポイント(0.2%)高の5529.9。FTオー ルシェア指数は同4.35ポイント(0.2%)上げて2812.59。

ドイツのDAX指数は37.69ポイント(0.6%)下げ6421.91。HDAX指 数は21.02ポイント(0.6%)安の3309.73。

フランスのCAC40指数は28.87ポイント(0.7%)低下し4397.32で終 了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE