FRB議事録:ベアーS「リスク資産」引き受けでJPモルガンと合意

米連邦準備制度理事会(FRB)は 27日、ベアー・スターンズ救済に向けて3月14、16日に開いた緊急会 合の議事録要旨を公表した。米銀大手JPモルガン・チェースがベア ー・スターンズの一部ポートフォリオのリスクが高過ぎるとの見方を示 したことを受けて、FRBは3月にベアー・スターンズの300億ドル (約3兆1900億ドル円)の資産引き受けで合意した。

議事録要旨によると、JPモルガンはベアー・スターンズが市場で調 達に困難を来たしていた特定資産に対する資金援助を要請した。JPモ ルガンは「ベアー・スターンズのこうした資産はJPモルガンが取り込む リスクの程度を著しく不透明にする」と指摘した。

FRBを中心とする米金融当局は26日、ベアー・スターンズの資産 を買い取るための融資、288億ドルを供与。FRBは今後10年間にわた る同資産の管理と売却に向け米投資会社のブラックロックを起用した。

この日発表された議事録の大半はFRBメンバーのこれまでの講演 や議会証言、他の文書で開示されている内容を繰り返すものだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE