米メリル4-6月期、1株損益2.78ドルの赤字に下方修正-リーマン

リーマン・ブラザーズ・ホールディングス は27日、米証券大手メリルリンチの2008年4-6月(第2四半期)決算予想 を1株当たり2.78ドルの赤字と、従来予想の同64セントの赤字から下方修正 した。

リーマンのアナリスト、ロジャー・フリーマン氏は27日付のリポートで、 メリルの同四半期の評価損予想も54億ドル(約5750億円)と、従来の24億ド ルから引き上げた。

サンフォードCバーンスティーンとゴールドマン・サックス・グループも メリルの追加評価損を予想している。サンフォードのアナリスト、ブラッド・ ヒンツ氏は26日、メリルの第2四半期業績予想を1株当たり93セントの赤字 に下方修正した。従来は同82セントの黒字を予想していた。また評価損は35 億ドルとの見積もりを示した。ゴールドマンのウィリアム・タノナ氏はメリル の第2四半期業績について1株当たり2ドルの赤字(従来予想は同25セントの 黒字)、評価損を42億ドルと予想している。

To contact the editor responsible for this story: Tim Quinson at tquinson@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE