メドベージェフ露大統領、ガスプロム会長を辞任-後任はズブコフ氏

ロシアのメドベージェフ大統領は27日、 世界最大の天然ガス会社、ガスプロムの会長職を正式に辞任。ズブコフ第一副 首相(66)がモスクワの株主総会で後任に選出された。同社の広報担当者、セ ルゲイ・クプリヤノフ氏が記者団に明らかにした。

ズブコフ氏はプーチン前大統領が5月に首相に就任するまでの8カ月間、 ロシア首相を務めていた。

メドベージェフ大統領やガスプロムのアレクセイ・ミラー最高経営責任者 (CEO)と同様、ズブコフ氏もプーチン首相が1990年代にサンクトペテルブ ルク市長を務めていた時の側近だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE