今日の国内市況:株式は2カ月ぶり安値、債券上昇-ドル106円台

週末の東京株式相場は大幅続落。日経平 均株価は約2カ月ぶりに一時1万3500円を割り込み、TOPIXとともに終 値では4月24日以来の安値水準に下げた。金融混乱や原油価格の最高値更新 から米国景気の先行き不安が強まり、みずほフィナンシャルグループやトヨタ 自動車、ソニーなど金融や輸出関連を中心に幅広く安い。信用警戒の動きから、 その他金融と不動産が東証1部の業種別下落率で1、2位を占めた。

日経平均株価の終値は前日比277円96銭(2%)安の1万3544円36銭 で、7日連続安。昨年11月13日までの8日続落以来、約7カ月ぶりの連続下 落記録となった。TOPIXは24.11ポイント(1.8%)安の1320.68と3日 続落。東証1部の売買高は概算で19億6578万株、売買代金は同2兆2759億 円。売買代金は2週間ぶりの高水準。東証1部の値上がり銘柄数は328、値下 がり銘柄数は1329。

世界景気の先行きに対する不安感が高まり、株式市場は世界連鎖株安の様 相を呈してきた。米ダウ工業株30種平均はこれまで下値めどとされていた1 月安値1万1634ドルをきのう大きく下回り、今週に入って3月安値を割り込 んだダウ欧州株価指数も下値を模索。アジア株も底割れ色が強まっており、相 対的な底堅さを示してきた日本株も過去2カ月間のボックス相場を下放れた。

ゴールドマン・サックス・グループは金融大手シティグループや自動車の ゼネラル・モーターズ(GM)の売りを推奨。一方、26日のニューヨーク原油 先物相場は急伸し、一時140ドル台と過去最高値を更新するなど商品価格は上 昇した。景気減速とインフレが進むスタグフレーションにより、企業業績への 不透明感が強まっている。

債券上昇、10年債利回りは一時1.6%割れ

債券相場は大幅高(利回りは低下)。前日の米国債相場が上昇したことや、 日経平均株価の大幅続落を受けて、買い優勢の展開となった。月末接近に伴う 年限長期化の需要も入り、相場水準が押し上げられた。先物中心限月はおよそ 3週間ぶりに135円台を回復したほか、新発10年債利回りは一時、5月中旬 以来の1.6%割れとなった。

東京先物市場の中心限月9月物は、前日比44銭高の135円30銭で寄り付 いた。いったん135円16銭に上げ幅を縮めた後、緩やかに値を切り上げ午前 10時30分すぎに135円53銭まで上昇。中心限月ベースで、5日以来の高値を 付けた。その後も堅調推移が続いて、結局は37銭高い135円23銭で引けた。 中心限月が終値で135円台を回復したのは9日以来。9月物の日中売買高は3 兆8789億円。

現物債市場で新発10年物の293回債利回りは、前日比3.5ベーシスポイ ント(bp)低い1.62%で取引を開始。その後は徐々に水準を切り下げ、午前10 時半過ぎには6.5bp低い1.59%まで低下し、5月13日以来の低水準となった。 その後は、1.59%-1.60%のレンジ内で推移したが、午後3時直前から水準を 切り上げ、4bp低い1.615%で取引されている。

中期債も堅調。新発5年債利回りは一時6bp低い1.155%と、5月13日 以来の低水準まで下げた。新発2年物の270回債利回りは5bp低い0.775%ま で低下した。超長期債もしっかり。

円が2週間半ぶり高値、株安で買い戻し再燃

週末の東京外国為替市場では円が底堅く推移。前日の米国株の急落を受け、 アジア株がほぼ全面安となるなか、投資リスクを回避するため、円売り・高金 利通貨買いの持ち高を解消する動きが出やすかった。約2週間ぶり円高水準と なる1ドル=106円台では国内実需筋の円売り需要が強く、日中は円が伸び悩 む場面も見られたが、午後には円買いが再燃し、円は対ドルで約2週間ぶり高 値をつけた。

前日の海外市場の流れを受け継ぎ、この日の東京市場では円買い・ドル売 りが先行し、円は対ドルで一時、106円66銭(ブルームバーグ・データ参照、 以下同じ)まで上昇。海外時間につけた高値にあと4銭と迫った。

その後、円は107円台へ反落。午後には一時、107円21銭まで値を切り下 げる場面も見られた。一方、最近のレンジを円高方向に抜けてきたことで、円 の押し目では買い意欲が強く、欧州時間に向けては再び106円台へ上昇。一時、 106円45銭と10日以来の高値をつけた。

ユーロ・円も一時、1ユーロ=168円60銭まで円が伸び悩んだが、押し目 買いにぶつかると、円は再びじり高に転じ、欧州時間に向けては167円台後半 まで円高が進んだ。

ユーロ・ドルは1ユーロ=1.57ドル半ばから前半と9日以来、約3週間ぶ りのユーロ高値圏でもみ合い。金融不安や景気後退懸念を背景に米国の早期利 上げ観測が後退する一方、欧州中央銀行(ECB)は7月に利上げを実施する 姿勢を示しており、欧米の金利差拡大の可能性が意識されやすく、ユーロは対 ドルで底堅く推移した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE