東京外為:円が2週間半ぶり高値、株安で買い戻し再燃-106円台半ば

週末の東京外国為替市場では円が底堅く推 移。前日の米国株の急落を受け、アジア株がほぼ全面安となるなか、投資リス クを回避するため、円売り・高金利通貨買いの持ち高を解消する動きが出やす かった。約2週間ぶり円高水準となる1ドル=106円台では国内実需筋の円売り 需要が強く、日中は円が伸び悩む場面も見られたが、午後には円買いが再燃し、 円は対ドルで約2週間ぶり高値をつけた。

みずほコーポレート銀行国際為替部の加辺猛参事役は、「日本株も売られ、 来週は日銀短観などもあるので、円一辺倒で買われるという話にはなりづらい」 としながらも、「東京時間は円安基調、海外にいくとドル安基調ということで、 ドル・円はもみ合いながらも若干円高方向に動く」と予想。「来週に関してい えば106円割れ近辺ぐらいまでみておいた方がいい」と語る。

前日の海外市場の流れを受け継ぎ、この日の東京市場では円買い・ドル売 りが先行し、円は対ドルで一時、106円66銭(ブルームバーグ・データ参照、 以下同じ)まで上昇。海外時間につけた高値にあと4銭と迫った。

しかし、「久しぶりの106円台ということで、輸入企業や証券投資などと 思われる円売りが結構入ってきている」(加辺氏)といい、円は107円台へ反落。 午後には一時、107円21銭まで値を切り下げる場面も見られた。一方、最近の レンジを円高方向に抜けてきたことで、円の押し目では買い意欲が強く、欧州 時間に向けては再び106円台へ上昇。一時、106円45銭と10日以来の高値をつ けた。

ユーロ・円も一時、1ユーロ=168円60銭まで円が伸び悩んだが、押し目 買いにぶつかると、円は再びじり高に転じ、欧州時間に向けては167円台後半 まで円高が進んだ。

株安で円高圧力

前日の米株式相場は、最高値圏にある石油価格や信用市場の評価損、米景 気減速が企業の通期利益を脅かしていることから売りを浴び、ダウ工業株30種 平均が2006年9月以来の安値まで急落した。

また、27日の東京株式相場も日経平均株価が約2カ月ぶりに一時1万3500 円を割り込み、4月24日以来の安値水準へ下落。アジア株も、中国の上海総合 指数やインド・ムンバイSENSEX30種指数が4-5%下落するなど、ほぼ 全面安の展開となった。

三菱UFJ信託銀行資金為替部の清水昭男グループマネージャーは、最近 は株と円相場の相関が低く、株安でも円高に動きづらい相場展開となっていた が、ドル・円は「きのうの株安を受けて107円台を割り込む動きになっており、 最近のレンジを下抜けてきたような受け止められ方がある」と指摘。目先は「こ れまでのドル高の調整局面を迎える」可能性が高いとみている。

金利差拡大期待でユーロ堅調

ユーロ・ドルは1ユーロ=1.57ドル半ばから前半と9日以来、約3週間ぶ りのユーロ高値圏でもみ合い。金融不安や景気後退懸念を背景に米国の早期利 上げ観測が後退する一方、欧州中央銀行(ECB)は7月に利上げを実施する 姿勢を示しており、欧米の金利差拡大の可能性が意識されやすく、ユーロは対 ドルで底堅く推移した。

資産管理サービス信託銀行資金為替部の野村祥宏調査役は、「米国も利上 げに向けて手を打ち始めた感じはあるので、今後は相対的なドル金利の低さと ユーロの強さもピークを迎える可能性がある」としながらも、7月3日にEC B会合を控え、目先はユーロがしっかりとした展開が続くとみている。

米連邦準備制度理事会(FRB)は25日の米連邦公開市場委員会(FOM C)定例会合でフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を2%に据え置く ことを決定。声明は「経済成長の下振リスクが残るものの、幾分か縮小したも ようであり、インフレとインフレ期待の上振れリスクは拡大した」とインフレ への警戒度を高めたが、早期の利上げを示唆する内容とはならなかった。

こうしたなか、この日は米国で5月の個人所得・個人消費支出(PCE)、 米金融当局が注目するインフレ指標であるPCEコア価格指数が発表され、市 場予想を下回る内容となれば、米金利の先高期待が一段と後退する可能性があ る。また、米国株や前日に一時、1バレル=140ドルを突破した原油相場の動向 も引き続き注目され、原油高や株安が一段と進めば、ドルの下値を試す展開も 予想される。

--共同取材:曽宮一恵 Editor:Tetsuzo Ushiroyama, Norihiko Kosaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE