髙島屋:3-5月期の連結純利益は1.4%減の45億円(2)

国内百貨店3位の高島屋は27日、第1四半 期(2008年3-5月)の連結純利益が前年同期比1.4%減の45億円だったと発 表した。景況感の悪化や天候不順の影響を受け、主力の百貨店事業で減収となっ たことなどが利益に響いた。

3-5月期の営業収益(売上高)は同3.1%減の2402億円、営業利益は同

7.9%減の76億円と減収減益となった。百貨店事業以外では、不動産事業と金融 業が増収増益。不動産事業では「柏高島屋ステーションモール」が好調。また金 融業は高島屋クレジットで新カード発行による年会費収入が増加した。

今期(2009年2月期)の連結業績予想は、利益に関しては従来見通しを据え 置いた。営業利益は前期比6.1%増の400億円と6期連続で過去最高を見込む。 地下鉄副都心線の開業による新宿店への集客効果や食品特化業態の出店などが寄 与する見通し。営業費の削減も進めることで増益を確保する計画。

前期に計上した特別損失がなくなることもあり、純利益は同26%増の235億 円と増益幅が膨らむ。ただ営業収益は、百貨店事業の売上高が第1四半期で前年 を下回る結果だったことから、同0.5%増、1兆475億円の予想に下方修正した。

高島屋の株価終値は前日比2円(0.2%)高の976円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE