額賀財務相:日本経済は足踏み状態で一部弱まっている-CPIなどで

額賀福志郎財務相は27日午前の閣議後会見 で、5月の全国の消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)が15年2カ月 ぶりの高い伸びとなったほか、家計調査で消費支出が減少したことなどを受け て、「日本経済は足踏み状態にあり、一部弱まっている。さまざまな経済指標を 注意深くみていきたい」と述べた。その上で、「米国の景気減速やインフレ懸念 が国内経済にどのような影響を与えるか、注意深くみる必要がある」との認識 を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE