ドワンゴ株が高い、タクシー予約子会社を売却-ニコニコ集中に評価

携帯電話向けにインターネットコンテンツ (情報の内容)を提供するドワンゴの株価が上昇転換。会員制のタクシー予約事 業を手掛ける子会社のトラン(東京・新宿)を売却し、経営資源を動画投稿サイ ト「ニコニコ動画」など中核事業に集中すると26日に発表した。タクシー予約 事業の撤退に伴い特別損失を計上する予定だが、今後は収益性と事業効率の改善 が期待されるとして、徐々に買いが優勢となっている。

取引開始直後に前日比9000円(3.7%)安の23万3000円まで下げたが、そ の後下値を拾う動きが強まった。午前10時過ぎには4000円(1.7%)高の24万 6000円まで上昇。過去1カ月のチャートを見ると、23万円付近が下値抵抗線と なっている。

ドワンゴは30日付で、保有するトラン株4万1500百株(発行済み株式数の

80.19%)を、トランの藤原和江社長に譲渡する。売却に伴い、ドワンゴは今通 期(2008年9月期)の連結決算で8600万円の特損を計上する予定。ドワンゴは 05年10月にトランに資本参加して以来、モバイルコンテンツサービスの事業連 携を進めてきたが、グループユーザー数の拡大や会員数増加には必ずしもつなが っておらず、今後も相乗効果は見込めないと判断した。

広報IRセクションの猪俣沙葉氏によると、ニコニコ動画の先行投資でコス トがかさむ中、グループ全体の収益性や資産の効率的運用を進めており、「今後 はニコニコ動画を中核とした事業への経営資源の集中を図る」という。

ニコニコ動画とは、投稿動画の再生中にコメントが書き込め、そのコメント が動画上に表示されるのが特徴。双方向的に情報伝達できるため、ユーザー同士 で盛り上がることができる点が評価されて会員数を増やしている。08年9月末 時点の目標会員数は900万人だが、「1カ月前倒しで達成できそうだ」(猪俣 氏)という。会社側が公表している直近データでは、会員数は5月10日に700 万人を超えた。07年12月末時点では471万3000人だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE