NZ経済はリセッション入りの公算も-ゴールドマンのエーカブ氏

ゴールドマン・サックス・JBWere のエコノミスト、シャムビール・エーカブ氏は27日、同日発表されたニュー ジーランド(NZ)の2008年1-3月(第1四半期)国内総生産(GDP) が前期比0.3%減となったことについて、以下のように語った。減少率はブル ームバーグ・ニュースが13人のエコノミストを対象にまとめた調査の中央値 と合致した。

「GDP成長率の数字だけでは、明らかに経済全体に広がっている弱さ を正しく伝えていない。統計の詳細を見ると、現在の極めて引き締め気味の金 融政策が適切でないことをあらためて示す内容となっている」

「最終需要は、家計と建設部門を中心に、明らかに弱い」

「成長率と現在までに発表されている一部統計を合わせて考慮すると、 2四半期連続のマイナス成長となるリスクは極めて高い」

「利下げに対する障害は低下してきている。当社では利下げは9月に始 まると予想しているが、NZ経済がリセッション(景気後退)入りするなか、 7月実施の可能性も否定できない」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE