日本株は続落スタート、信用不安と原油高、円高で幅広い業種に売り

週末朝方の東京株式相場は続落で始まっ た。米国での信用不安拡大、海外原油先物価格の最高値、円高進行から景気に 対する先行き懸念が強まり、輸出関連株や金融株を中心に東証業種別33指数 では鉱業を除く32業種が下げた。

東証1部売買代金上位ではNTT、住友金属鉱山、三洋電機、三菱自動車 工業が安い。トヨタ自動車、ソニー、三菱UFJフィナンシャル・グループは 売り気配。半面、国際石油開発帝石ホールディングスは高い。

日経平均株価の始値は前日比217円6銭(1.6%)安の1万3605円26銭、 TOPIXは19.36ポイント(1.4%)安の1325.43。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE