米アポロ:傘下の不動産会社カントリーワイドの人員を1500人削減

米投資会社のアポロ・マネジメントが昨年 買収した英最大手の不動産ブローカー、カントリーワイドの人員をこれまでに 全体の約14%に相当する1500人強削減したことが27日、明らかになった。加 えて、52店舗が閉鎖された。買収当時は、不動産市場は絶頂期にあった。

英国不動産業者協会(NAEA)の最高経営責任者(CEO)、ピーター・ ボルトンキング氏は電話インタビューで、「レバレッジド・バイアウト(LB O)企業に買収された会社は、景気の下降に最も迅速に対応しなければならな い。投資家は短期的な見方をするからだ」と指摘している。

経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)によれば、英国の住宅市場が 過去10年余りで最大の落ち込みをみせていることから、今年は英不動産業界で は1万5000人程度、削減される可能性がある。

英調査会社のホームトラックの集計データによれば、アポロがカントリー ワイドを買収した当時、英国の住宅価格は約4年ぶりの高ペースで上昇。カン トリーワイドは当時、過去最高の利益を計上、「翌年も非常に満足できる年に なる」との見通しを打ち出していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE