グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は下落。ゴールドマン・サックス・グループが米銀シティグルー プの追加評価損を予想したことなどを材料に午前の上げを失った。中国工商銀 行(ICBC、1398 HK)が金融株の下げを主導した。

ICBCは19日以来で最大の下げ。ゴールドマンはシティが4-6月 (第2四半期)に89億ドル(約9600億円)の追加評価損を計上する可能性を 指摘した。携帯電話機の受託生産最大手、富士康(2038 HK)はモルガン・ス タンレーの投資判断引き下げで売られ、2年余りでの最安値で引けた。

ハンセン指数は前日比179.49ポイント(0.8%)安の22455.67。ハンセン中 国企業株(H株)指数は0.8%安の12095.98。

ICBCは1.3%安の5.46香港ドル。富士康は5.3%安の8.72香港ドルと 2005年11月9日以来の安値。モルガン・スタンレーは同社株の投資判断を 「イコールウエート」と、従来の「オーバーウエート」から引き下げた。

【中国株式市況】

中国株式市場では、CSI300指数が3日続伸した。8カ月続いた下落局面 をとらえて一部の投資家が買いを入れた。中国平安保険(集団、601318 CH) や中国アルミ(チャルコ、601600 CH)が高い。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCSI 300指数は、前日比11.37ポイント(0.4%)高の2980.91で終了。一時は1.6% 安を付ける場面もあった。

政府のインフレ抑制策が企業収益に悪影響を及ぼすことへの懸念を背景に、 CSI300指数は昨年10月16日に付けた最高値から49%下落している。5月 のインフレ率は7.7%と、4月の8.5%から低下した。

広発証券のストラテジスト、武幼輝氏は「相場は既に底を打った。現在は投 資妙味が目立つ」とした上で、「インフレの減速傾向も見られ、これは相場に プラスだ」と指摘した。

【インド株式市況】

インド株式相場は続伸し、指標のセンセックス30種指数は1週間ぶり高 値を付けた。インフォシス・テクノロジーズを中心にソフトウエア開発企業が 高い。米シティグループがルピー相場見通しの変更を反映して、インドのソフ トウエア業界の利益見通しを引き上げたことを好感した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前日比201.75ポイント(1.4 %)高の14421.82で終了した。

ソフトウエア輸出でインド2位のインフォシスは2.2%高の1785.10ルピ ー、同4位のサティヤムコンピュータサービシズは3%高の458.25ルピー。 同国のソフトウエア企業は売上高の半分以上を米国から得ている。

シティグループはインドのソフトウエア企業の2009年3月通期の利益見 通しを最大20%上方修正した。シティはこれに先立ち、ルピーの対ドル相場 の見通しを1ドル=42.5ルピーと、従来予測の39ルピーから変更した。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前日比69.2ポイント(1.3%)高の5307.0。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.13ポイント安の1717.66。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比43.26ポイント(0.6%)安の7811.80。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比5.67ポイント(0.2%)安の2980.95。

【マレーシア株式市況】

クアラルンプール総合指数は前日比5.22ポイント(0.4%)安の1203.89。

【タイ株式市況】

SET指数は前日比4.03ポイント(0.5%)安の774.39。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比9.53ポイント(0.4%)高の2350.89。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比10.81ポイント(0.4%)高の2521.61。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE