リビア:原油の供給過剰なら減産する可能性も-国営石油会社会長

リビア国営石油会社ナショナル・オイルの ショクリ・ガネム会長は26日、市場への供給が過剰であれば、リビアは原油生産 量を削減する可能性があるとの認識を示した。

ガネム会長はトリポリから電話インタビューに応じ、「石油輸出国機構(OP EC)に対する威嚇と脅しがあることから、そうした動きも重視している」と述べ、 「われわれの権益を守る必要がある」と言明した。ただ、減産するかどうかを決定 時期や、検討されている減産規模について言及することを控えた。

同会長は、対イラン制裁強化の動きや、米国の法律がOPECに対する訴訟を 認めていることを指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE