米JPモルガンCEO:真の懸念はサブプライムよりも米経済-ソレ24

米銀JPモルガン・チェースのジェイミー・ ダイモン最高経営責任者(CEO)はイタリア紙ソレ24オレとのインタビュー で、米国はリセッション(景気後退)入りし支払い不能企業の増加が世界の経 済成長に悪影響を与えるとの見通しを示した。同紙は26日、インタビューを掲 載した。

ダイモンCEOはミラノでインタビューに応じ「現在の真のリスクは米国 の経済危機だ」として、米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン 危機はもはや第1の懸念材料ではないとの見解を示した。

さらなる米銀の救済が必要かとの問いには、JPモルガンによるベアー・ スターンズ買収のような行動は例外で、常にあることではないと回答した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE