米ペリー:NECエレ役員人事案に反対、NEC出身はノー-総会(2)

米投資ファンドのペリー・キャピタル・コー ポレーションは、約6%の株式を保有する半導体専業メーカー、NECエレクトロ ニクスの26日の定時株主総会で、取締役と監査役の選任案に反対票を投じたこと を明らかにした。NECエレの親会社NEC出身の候補者が3人含まれていること が理由。議案自体は賛成多数で可決された。

ペリーが難色を示したのは、取締役の高橋敏彦氏と松倉肇氏、監査役の川村廣 樹氏の3人の選任。招集通知の議案によると、高橋氏はNECの顧問を務めてお り、松倉氏はNEC経営企画部長との兼任。川村氏はNECの通信系ソフトウエア 子会社NECモバイリング(東証1部上場)の取締役の立場にある。

ペリーのアジア地区担当役員、アルプ・アーシル氏は総会に出席し、「中島俊 雄社長の再任には賛成だが、NEC出身者の選任には反対する。われわれが問題に しているのはNECエレの経営陣ではなく、親会社が与える影響であり、反対票を 投じた」と語った。

NECエレは前期(2008年3月期)に3期ぶりの営業黒字転換を果たした が、アーシル氏はさらなる業績改善を要求。これに対し、中島氏は「生産や開発の 効率化を一層推進し、今期に最終損益の黒字化、来期に5%の営業利益率実現を約 束する」と述べた。アーシル氏は、低採算の携帯電話用半導体事業は「撤退すべき だ」と主張したが、中島氏は「国内で一定のシェアを確保できれば十分に利益が出 る」と反論した。

総会の模様は、02年の会社設立後初めて一部報道陣に中継された。所要時間 は55分、出席者は77人だった。NECエレクトロニクスの株価終値は前日比45 円(2.0%)高の2870円。

--共同取材 Pavel Alpeyev Editor:Kenzo Taniai,Yoshito Okubo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 中島三佳子 Mikako Nakajima +81-3-3201-8312 mikako@bloomberg.net

Pavel Alpeyev +81-3-3201-2137 palpeyev@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人   Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Young-Sam Cho +82-2-3702-1639 ycho2@bloomberg.net

Mikako Nakajima Toshio Nakajima Alp Ercil

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE