今日の国内市況:株式は小幅続落、債券上昇-ユーロ、対円で最高値

東京株式相場は小幅続落し、日経平均株価 は昨年12月19日以来、約半年ぶりの6日続落。海外市場での原油や貴金属相 場の下落を受け、三菱商事など大手商社株、新日本石油などの石油株、住友金 属鉱山など非鉄金属株が売られた。また、米企業の社債保有リスクが3カ月ぶ りの高水準に達するなど、信用収縮懸念の根強さも上値の重しとなった。

日経平均株価の終値は前日比7円60銭(0.1%)安の1万3822円32銭。 TOPIXは1.29ポイント(0.1%)安の1344.79と続落。東証1部の売買高 は概算で18億1739万株、売買代金は同2兆253億円。値上がり銘柄数682、値 下がり銘柄数930。東証業種別33指数の騰落状況では、値上がり業種10、値下 がり業種23。

このほか業種別では、原料高を受けた収益圧迫懸念から鉄鋼や化学、ゴム 製品株が安く、TOPIX採用銘柄の6月月間パフォーマンスで、前日まで上 昇率上位にあった古河電池、東京製綱、FDK、ジーエス・ユアサなど電池、 太陽光発電関連銘柄は軒並み急落。

これに対し景気先行きの不透明感から、保険や医薬品、情報・通信など景 気動向に左右されにくいディフェンシブ関連は高く、相場全般の下支え要因と して機能した。

債券は上昇、FOMC波乱なく通過で買い安心感

債券相場は上昇(利回りは低下)。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC) を波乱なく通過したことを受けて、買い安心感が広がった。また来週発表され る日銀短観(企業短期経済観測調査)で景況感の悪化が示されることを意識し た買いも入ったようだ。

東京先物市場で中心限月9月物は5営業日続伸。前日比17銭高の134円 62銭で寄り付いた後は、小じっかりに推移。午後零時45分ごろに日中安値134 円44銭をつけた。大引けにかけては買いが膨らみ、41銭高の134円86銭と高 値引けとなった。9月物の日中売買高は2兆3848億円程度。

現物債市場で新発10年物の293回債利回りは、前日比1ベーシスポイント (bp)低い1.67%で寄り付いた後、若干水準を切り上げ、1.685%に上昇した。 その後は徐々に水準を切り下げ、午後3時過ぎは3.5bp低い1.645%と約1カ月 ぶりの低水準を付けた。また、中期債も堅調。新発5年債利回りは4bp低い

1.215%で推移している。

日本銀行の中村清次審議委員は、旭川市内で講演し、金融政策については、 「政策金利から消費者物価上昇率を差し引いた実質短期金利はマイナスであり、 潜在成長率との関係でみて極めて低い水準と評価される」と指摘。先行き不確 実性が「極めて高い」ことから、政策運営に「あらかじめ特定の方向性を持つ のは適当ではない」とした上で、「経済・物価情勢に応じて機動的に金融政策を 運営していくことが肝要」と語った。

ユーロ強含み、対円で最高値169円前半

東京外国為替市場ではユーロが強含みに推移。対円では午後の取引で一時 1ユーロ=169円46銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)と1999年1 月の導入来高値を更新した。日米の政策金利が当面据え置かれる見通しにある 一方で、欧州中央銀行(ECB)は利上げが期待されていることから、ユーロ 買いに圧力がかかった。

ユーロ・ドル相場は前日の海外市場で一時1ユーロ=1.5686ドルと、9日 以来の水準までユーロ高・ドル安が進行。この日の東京市場でも1.56ドル台後 半を中心にユーロが高止まりに推移した。

一方、ドル・円相場はクロス・円(ドル以外の通貨と円の取引)での円売 りが波及して、午前の取引で1ドル=108円07銭まで円安が進行。午後はユー ロ買い・ドル売り圧力が強まった影響で、対円でもドルの上値が抑えられる場 面もみられたが、午後の取引終盤には再びユーロ買い・円売りが活発化し、108 円18銭までドル高・円安が進んだ。

ECBは来週7月3日に政策決定会合を開く。25日には政策委員メンバー のウェーバー独連銀総裁が講演で、インフレ抑制に積極的な姿勢を示すなど、 市場では利上げがほぼ確実視されている。利上げ継続に関しては、トリシェ総 裁が25日に懐疑的なコメントをしているものの、当面は米欧の金利差が縮まら ないとの見方から、ユーロ買いが進みやすい環境になっている。

この日の東京時間午前の取引では、円が豪ドルでも一時1豪ドル=103円 70銭と、昨年11月12日以来の安値を更新している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE