5月のドイツ輸入物価、前月比2.4%上昇-1990年9月以来の高い伸び

ドイツ連邦統計庁が26日発表した5月の 同国の輸入物価指数は前月比2.4%上昇と、1990年9月以来の高い伸びとなっ た。ドイツでのインフレ圧力の高まりがあらためて確認される形となった。4月 は同0.9%上昇だった。ブルームバーグ・ニュースが16人のエコノミストを対 象にまとめた調査では、同1.5%上昇(中央値)が見込まれていた。

原油先物相場は16日に1バレル=139.89ドルの最高値を付けており、ユ ーロ高がその一部を相殺しているとはいえ、企業の間ではコスト上昇分の価格転 嫁への圧力が高まっている。欧州中央銀行(ECB)は7月にも利上げする準備 があることを示唆している。

5月の輸入物価指数は前年同月比では7.9%上昇(4月は5.7%上昇)と、 2000年11月以来の高い伸びだった。エネルギー価格は10%上昇し、輸入原油 は13%値上がりした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE