野村社長:インサイダー、サブプライム問題で理解求める-株主総会

野村ホールディングス(HD)が26日に都 内で開いた株主総会では、4月に発覚したインサイダー事件や前期の赤字転落要 因となったサブプライム問題についての質問が相次いだ。議長の渡部賢一社長 (55)らは再発防止策や追加損失の発生はないなどの説明に追われた。一部の株 主からは不安は解消されていないとの声があった。

総会では、冒頭に渡部社長が元社員によるインサイダー事件について陳謝。 同事件に関連しては、監視カメラの設置や内部監査の強化などを通じて再発防止 に努めていくとし、株主らに理解を求めた。サブプライム関連では、すでに関連 投資の残高はゼロとなったことから今期の追加損失は発生しないと説明した。野 村広報の藤原道頼氏によれば、メディア非公開の総会には1935人の株主が出席 し、所要時間は2時間22分だった。

同総会に出席した株主の深田均氏(70)は、「野村のサブプライム損失やイ ンサイダー事件は氷山の一角かもしれない」と言い、追加損失の発生や同様の事 件の可能性は残ると指摘した。現在、深田氏はトヨタ自動車やNTT、ソフトバ ンクなど15社の日本株に投資しているが、保有する野村2000株については「近 く売却する」という。

一方、別の株主からは、野村のサブプライム関連損失の処分が早かったと評 価する声も聞かれた。三山尚氏(31)は今後についても「リスクをとってビジネ スを展開し、アジアやヨーロッパなどグローバルな収益拡大に期待したい」と述 べた。また、野村株1000株を持つ会社員の山口隆三氏(60)は、サブプライム 問題やインサイダーの再発防止策など会社側の説明に一定の理解を示したものの、 株価が低迷していることから「株価を上げるため利益拡大をお願いしたい」と話 した。

野村HDの前期(2008年3月)決算はサブプライム関連損失が膨らんだ結 果、678億円の純損失と01年の持ち株会社化後、初の赤字に転落した。また、 4月にM&A(合併・買収)関連部署で元社員によるインサイダー事件が発覚し、 社内処分として渡部社長と古賀信行会長(57)が3カ月間、月額報酬3割カット などを決めている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE