アジア株:6営業日ぶり反発、米FOMC声明に反応-金融株が高い

26日午前のアジア株式相場は6営業日ぶり に反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)が25日発表した声明で、米経済成 長の下振れリスクは縮小したとの認識を示したことに反応した。金融株が高い。

資産規模でオーストラリア2位の銀行、コモンウェルス銀行は6週間余りで 最大の上げ。同行が新たな増資は必要ないと発表したことが好感された。豪5位 のセント・ジョージ銀行は、1株利益(EPS)目標を達成するとの見通しをあ らためて示したことを受け、ここ1カ月で最大の上昇となった。ソニーも買われ ている。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前10時48分現在、前日比0.6%高 の139.05。日経平均株価の午前終値は前日比0.4%高の1万3889円35銭。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE