あおぞら銀:代表取締役の報酬1-4カ月、10-40%カット(3)

あおぞら銀行のフェデリコ・サカサ社長 (57)は26日に開催した株主総会で、業績不振の責任を取って代表取締役の報 酬を1-4カ月間、10-40%カットすると表明した。代表取締役は2008年3月 末時点でサカサ社長を含めて2人。広報担当の原田政明氏が明らかにした。

あおぞら銀行は08年3月期の連結決算で、米サブプライム(信用力の低い 個人向け)住宅ローン関連損失454億円を計上。これが響いて連結純利益は07 年3月期に比べて93%減の59億円に落ち込んだ。単体の純利益は35億3800万 円と、「経営健全化計画」で目標とした760億円に遠く及ばなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE