東京外為(予想):ドルは上値の重い展開か、米早期利上げ観測は後退

東京外国為替市場ではドルの上値が重い展 開となりそうだ。ドル・円相場は早朝の取引で1ドル=107円台後半と、前日の ニューヨーク時間午後遅くに付けた107円80銭付近で推移している。注目され ていた米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文では、インフレ圧力の高ま りが指摘されたものの、年後半にかけて緩和するとの見通しが示されたことで、 利上げの緊急性はないとの見方につながり、ドルの買い戻し意欲は醸成されに くいとみられる。

前日の海外市場では、FOMC声明の内容が市場の期待ほどタカ派ではな かったと受け止められ、7月の利上げ期待があるユーロに対して、ドル売りが 先行。ユーロ・ドル相場は一時1ユーロ=1.5686ドル(ブルームバーグ・デー タ参照、以下同じ)と、9日以来の水準までユーロ高・ドル安が進み、1.56ド ル台後半でこの日の東京時間早朝の取引を迎えている。

また、海外市場のドル・円相場は一時108円41銭と、18日以来のドル高値 を付けていたが、FOMC後に107円66銭まで急速に売り戻された。

一方、ユーロ・円相場は一時1ユーロ=169円16銭と、ユーロが1999年1 月導入以来の最高値を更新している。

米インフレ鈍化の可能性も示唆

米連邦準備制度理事会(FRB)は25日に開いたFOMCで、フェデラル ファンド(FF)金利の誘導目標を2%に据え置いた。先行きの利上げ動向を 見極めるうえで注目されていた声明文では、「経済成長の下振れリスクが残る ものの、幾分か縮小したもようであり、インフレとインフレ期待の上振れリス クは拡大した」として、インフレへの警戒度が高められた。

一方で、声明では「インフレが今年と来年にかけて減速すると予想してい る」として、インフレが鈍化する可能性も視野に入れていることから、当局が 積極的にインフレの抑制に踏み切るとの期待は醸成されなかった。

市場では8月と9月の利上げ見通しが低下し、10月に25ベーシスポイント (bp、1bp=0.01%ポイント)の利上げが実施されるとの予想が強まって おり、早期の利上げ期待が後退する格好となった。

ECBの利上げ先行

半面、欧州中央銀行(ECB)政策委員メンバーのウェーバー独連銀総裁 は26日付のドイツ紙ベルゼンに寄稿し、ECBがインフレ抑制の義務から逸脱 した場合、金融市場のボラティリティは「大幅に拡大する」との見解を示して いる。

連続利上げに関しては、トリシェ総裁が25日に否定するコメントをしてい るものの、7月の次回会合での利上げは期待されており、当面は米欧の金利差 が縮まらないとの見方から、ユーロ買いが進みやすい環境となりそうだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE