UBSオサリバン氏:当局は引き締めシグナル送る気はない-コメント

UBSセキュリティーズのシニアエコノミス ト、ジェームズ・オサリバン氏は米連邦公開市場委員会(FOMC)がフェデラ ルファンド(FF)金利の誘導目標を2%に据え置いたことについて、以下の通 りコメントした。

「声明内容はおおむね中立的だ。状況がより明確になるまで様子を見るとい う政策に沿っている」

「金融当局者は引き締めのシグナルを送る気はない。次回のFOMC会合に 向けた手の内をさらけ出すことはしないだろう」

「彼らはインフレ期待を強調した。インフレ期待が明確かつ大幅に高まった としたら、裏付けとしてそれを示さざるを得ないだろう」

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 城塚 愛也 Aiya Shirotsuka +81-3-3201-2482 ashirotsuka@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Vivien Lou Chen in San Francisco at +1-415-617-7078 or vchen1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Anstey at +1-202-624-1972 or canstey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE